顔の歪み

顔の歪みを治すには?原因や生活習慣、改善方法・治療法を徹底解説

『顔の歪み』は多くの人が抱えている問題です。

顔の歪みは単なる見た目の問題に留まらず、健康や日常生活における自信にも大きく関わっています。そのため、顔の歪みについて、その原因からチェック方法、改善策に至るまで理解しておくことが大切です。

※『顔ドック』手技矯正で改善_40代

そこで、この記事では顔の歪みの特徴や日常生活でのリスク要因、顔の歪みを整えることのメリット、改善方法や治療方法について詳しく解説しています。

この記事が顔の歪みに対する認識を新たにし、実生活で役立つ知識や解決策を見つけるための助けとなれば幸いです。

※『顔ドック』手技矯正で改善_10代

美容だけではなく、健康にも密接に関わるこのテーマを通じて、より良い自分への第一歩を踏み出しましょう。必ず、変わります。

顔の歪みを矯正するサロン | 歯科医院と提携している顔ドック

顔の歪みとは

顔の歪みとは?

顔の歪みとは、顔の左右の対称性が失われ、バランスが崩れている状態を指します。

人間の顔は、若干の左右非対称ではあるものの、この歪みが顕著になると見た目の印象が大きく変わります。

※『顔ドック』手技矯正で改善_20代

顔の歪みは、単に美容的な問題として捉えられがちですが、実は身体の内部的な問題や健康状態、また心理的な影響とも深く関連しています。

顔の歪みは、眉の高さが左右で異なる、目の大きさや位置が違う、鼻が曲がっている、口の両端や頬骨の高さが左右非対称であるなど、様々な形で表れます。

このような特徴は、表情筋の使い方、歯並び、日常生活の癖、遺伝的要因、また加齢による変化等、さまざまな要因によって引き起こされるのです。

また、主観的な側面も大きく自分では気づかないことも多いですが、他人から見られたり写真を撮って感じる場合もあります。

顔の左右非対称を治したい – 歯科医院と提携の顔ドック

顔の歪みの一般的な見た目の特徴

顔の歪みは、多くの場合、顔の左右の非対称性が目に見えて表れます。一般的な見た目の特徴には次のようなものがあります。

  1. 眉の高さが左右で違う
    顔の歪みがあると、一方の眉がもう一方の眉よりも高く位置することがあります。これは、眉毛を支える筋肉の力のバランスが左右で異なるためなどで起こります。
  2. 左右の目の大きさや位置が違う
    目の大きさや位置の違いは、顔の歪みの中でも特に目立つ特徴の一つです。顔の骨格や筋肉の使い方の違いに起因することが多く、疲れやストレスが関与している場合もあります。
  3. 鼻が左右どちらかに曲がっている
    鼻の曲がりは、鼻骨の成長の仕方、外傷、または先天的な要因によるものがあります。顔の中心線からのズレとして顕著に見られます。
  4. 鼻筋を通る顔の中心線と鼻先と顎先を結ぶ線が直線でない
    顔の中心線が曲がっていると感じる場合、これは顔の骨格そのものが歪んでいることがあります。顔全体のバランスに影響を与えます。
  5. 口の両端を結んだ線と両目を結んだ線が平行でない
    顔の上部と下部の対称性が崩れていることを示しています。笑ったときや口を動かしたときに顕著になることがあります。
  6. 頬骨の高さやほうれい線が左右で違う
    頬の部分での非対称性は、年齢と共に顕著になることが多いですが、若い人でも筋肉の使い方の違いで現れることがあります。
  7. 顎のラインやエラの張りが左右で違う
    顎関節の問題や噛み合わせの問題、顔の筋肉の使い方によって引き起こされることがあります。
  8. 「イ」の発音をした時に口角の広がりが左右で違う
    発声時の口角の動きは、表情筋の均等な使用や顔の筋肉の柔軟性に大きく影響を受けます。この動きが非対称であれば、顔の筋肉の使い方に歪みがあるのです。
  9. 歯並びの上下の正中線が一致していない
    歯並びの正中線がずれていると、噛み合わせの問題だけでなく、顔全体の歪みにもつながります。顎の骨格に不均等な力がかかることで生じることがあります。

顎の歪みがひどいです – 歯科医院と提携の顔ドック

顔の歪みの原因・生活習慣

顔の歪みを引き起こす主な原因

顔の歪みは、さまざまな要因によって引き起こされます。身体的な特性、生活習慣、さらには遺伝的な要素も考えられます。

顔の歪みを引き起こす主な原因には、次のようなものがあります。

  1. 表情筋の筋力低下
    顔は複数の表情筋によって動かされており、これらの筋肉のバランスが重要です。表情筋の一部が弱くなると、顔の左右のバランスが崩れ顔の歪みが引き起こされやすくなります。笑顔や眉をひそめる動作など、日常的に行う表情も筋力の低下を招くことがあります。
  2. 歯並びの悪さ
    不正咬合や歯並びの問題は、噛み合わせのバランスを崩し、それが直接的に顔の歪みに繋がります。不均等な噛み合わせは、あごや表情筋に負担をかけ、顔のバランスが崩れてしまいます。
  3. 姿勢が悪い
    悪い姿勢、特に長時間にわたる不適切な座り方や立ち方は、背骨や首の歪みを引き起こし、それが顔の筋肉にも影響を及ぼします。顔の筋肉と頭蓋骨は密接に関連しており、身体の姿勢の悪さが顔の歪みに繋がることがあります。
  4. 頬杖をつく癖
    頬杖をつく癖は、顔の一方に過剰な圧力を加え、筋肉の偏った発達や骨格の微妙な変形を引き起こす可能性があります。頬杖の習慣が長時間になると顔の歪みを著しくしてしまいます。
  5. 遺伝
    顔の形や特徴は遺伝的な部分が大きく、親から子へと似た顔の形状や特徴が受け継がれることがあります。遺伝的な要素は、顔の歪みの傾向にも影響を及ぼすことがあります。

  6. 靴の左右の摩耗具合が異なると、歩行時の体重のかかり方に偏りが生じ、それが骨盤の歪みに繋がります。骨盤の歪みは、間接的に背骨や首の歪みに影響し、最終的には顔の歪みを引き起こす可能性があります。

顔の歪みがひどい原因

日常生活でのリスク要因

顔の歪みは、日常生活のさまざまな習慣や行動パターンから生じることがあります。顔の歪みに繋がる可能性のある日常生活でのリスク要因には次のようなものがあります。

  1. 噛み癖
    食事時に常に同じ側の歯で噛む癖があると、顔の左右の筋肉に異なる負荷がかかります。これが長期間続くと、筋肉の発達に偏りが生じ、顔の歪みや左右差が顕著になることがあります。均等に噛むことで、顔の筋肉のバランスを保つことが大切です。
  2. 噛み方のバランス
    特定の歯だけで食べ物を噛むことは、噛み癖と密接に関連しています。このような噛み方は、顔の筋肉に左右非対称な負荷をかけ、時間とともに顔の歪みに繋がることがあります。歯科医や矯正歯科医のアドバイスに従い、噛み合わせのバランスを整えることが重要です。

    歯ぎしりで顔は大きくなります | 歯科医院と提携する顔専門矯正サロン 顔ドック

  3. 寝るときの姿勢
    横向きに寝ること自体が悪いわけではありませんが、毎日同じ側向きで寝続けると、顔の一方の側に圧力がかかり続け、顔の歪みの原因に繋がります。定期的に寝る向きを変えることで、このリスクを減らすことができます。
  4. 加齢による変化
    加齢に伴い、顔の骨構造、筋肉組織、皮下脂肪の萎縮や弛緩が進みます。これらの変化は、顔の形状や表情に影響を及ぼし、歪みが生じやすくなります。健康的な生活習慣と適度なエクササイズが、加齢に伴う歪みを最小限に抑えるのに役立ちます。
  5. 足を組んでいる
    足を組む習慣があると、体の重心が偏り、骨盤の歪みが生じやすくなります。骨盤の歪みは、背骨や首へ影響を受け、最終的に顔の歪みにも影響を及ぼす可能性があります。定期的に姿勢を正すことで、これらの連鎖を防ぐことができます。

生まれた時、顔や頭の大きさは違いますか?

顔の歪みをチェックする方法

顔の歪みは日常生活の中で徐々に進行することが多く、自分自身では気づきにくいものです。

しかし、以下に紹介する簡単なチェック方法を用いることで、家庭で自分の顔の歪みを認識し、早期に対処することが可能です。

まず、自然な表情と笑顔の両方で顔の正面からの写真を撮影します。

写真を撮る際は、カメラを目線の高さに保ち、顔が正面を向いていることを確認してください。撮影した写真を用いて、以下のポイントに注目して顔の歪みをチェックします。

  • 両目の二重の幅を比較し差があるか
  • 眉毛の高さが左右で異なっていないか
  • 両目の高さが同じかどうか
  • 両目の大きさや目と目の間隔が左右対称であるか
  • 鼻と顎の中心線が一直線上にあるか
  • 鼻の穴が左右対称かどうか
  • 頬骨の高さが左右で同じかどうか
  • 笑った際に口角の位置が左右対称であるか
  • 笑顔で歯茎が見える場合、その露出範囲が左右で同じかどうか
  • 二重あごがつくられる場合、その左右のバランス
  • 口元が左右非対称で下がっていないか
  • ほうれい線の深さや長さが左右で異なっていないか
  • 顔の輪郭やフェイスラインが左右対称であるか、たるみ具合に差がないか
  • 歯並びの中心線が顔の中心線と一致しているか

顔の歪みが気になる場合は、19年間のべ8万名様の顔管理をしてきた顔の専門家である『顔ドック』創業者 林 幸千代(Sachiyo Hayashi)の顔診断により『本当はどうなのか?他人と比較してどれ位歪んでいるのか?』等を知り、左右対称の小顔を目指すことも可能です。

顔の歪みを整える矯正サロン予約

顔の歪みや顔立ちの特徴に関する自己チェックは大切ですが、自己評価だけでは見落としや誤解が生じることもあるからです。

写真で見た自分の顔は歪みがひどい!

顔の歪みを整えるメリット

健康への影響

顔の歪みを整えることは、美容面だけでなく健康面においても多くのメリットをもたらします。

顔の歪みが原因で起こる可能性のある健康問題には、関節症、むくみ、くすみ、肌荒れ、頭痛などがあります。

これらの問題を改善することで、全体的な健康状態に良い影響を与えることができます。

  1. 顎関節症
    顔の歪みがあると噛み合わせの不均衡が生じることがあります。これにより顎関節に過剰なストレスがかかり長期的には関節症の原因となる可能性があります。顔の歪みを整えることで顎関節への負担を軽減し顎関節症のリスクを低減できます。

    顎関節症の治療

  2. むくみ
    顔の歪みはリンパの流れを妨げることがあり、それが顔のむくみの原因となる場合があります。顔の歪みを整えることで、リンパの流れが改善され、むくみが軽減されます。
  3. くすみ
    顔の歪みによって血流が悪くなると肌のくすみの原因となることがあります。歪みを整えることで血流が促進され、肌のトーンが明るく改善されることが期待できます。
  4. 肌荒れ
    顔の歪みが原因で顔の一部に緊張や圧迫が生じるとその部位の皮膚トラブルが発生しやすくなります。歪みを整えることでこれらの問題が軽減され、肌荒れの改善が見込めます。
  5. 頭痛
    顔の歪みや不正咬合は筋肉の緊張を引き起こし、それが頭痛の原因となることがあります。顔のバランスを整えることで筋肉の緊張が和らぎ頭痛の軽減が期待できます。

美容と心理的な影響

顔の歪みを整えることは、外見の改善だけにとどまらず、人とのコミュニケーションや自己評価においても大きな影響を与えます。

人間は、無意識のうちに相手の顔立ちをもとにその人物を評価する傾向があります。

顔の歪みが整っているとバランスが取れた美しい顔立ちと捉えられ、相手に好印象を与えやすくなります。

また、清潔感や健康的なイメージを伝え、社会的な場面や人間関係の構築において有利に働くことも少なくありません。

そのため、第一印象を向上させることは自信を高め、積極的な人間関係を築くきっかけにもなるのです。

見た目に自信が持てるようになることで、内面的な自信にもつながり、日常生活のあらゆる面でポジティブな変化を持つことができます。

自分自身を肯定的に受け入れることは、ストレスの軽減、幸福感の向上、さらには人間関係の質の向上に繋がります。

顔の歪みを改善する方法

日常生活でできる予防・改善策

顔の歪みを改善するには専門的な治療も重要ですが、日常生活での習慣を見直すことも大切です。

  1. 生活習慣の見直し
    顔の歪みに影響を及ぼす可能性のある日常的な習慣には、不良な姿勢、偏った食事習慣、不十分な睡眠などがあります。例えば、長時間のスマートフォンやパソコン作業による前かがみの姿勢は首や肩への負担を増やし、顔の筋肉のバランスに悪影響を及ぼすことがあります。また、偏った食事は栄養不足を招き、肌の健康や筋肉の状態に影響します。これらの習慣を見直しバランスの取れた食事、十分な休息、適度な運動を心がけることが重要です。
  2. メイク
    メイクをうまく活用することで、顔の歪みを視覚的に調整することが可能です。例えば、顔の立体感を強調することによって、左右の非対称性を目立たなくさせることができます。アイシャドウやアイブロウを使って眉や目の形を整えることも有効でしょう。メイクは顔の印象を大きく変えることができるため、日々の習慣として取り入れることで自信を持つことにも繋がります。
  3. 水分補給
    体内の水分バランスは、肌の健康や顔の輪郭に大きな影響を与えます。十分な水分を摂取することで、体内の循環が促進され、肌のハリや弾力が保たれます。また、水分補給はむくみの予防にもつながり、よりすっきりとした顔の印象を与えます。一日に必要な水分量は個人差がありますが、目安として成人であれば一日に約2リットルの水分摂取が推奨されています。

効果的なエクササイズとマッサージ

顔の歪みを改善し、健康的な肌とフェイスラインを保つためには表情筋トレーニングと適度なマッサージが有効です。

次の方法は顔の筋肉を均等に鍛え血流を促進させることで、顔の歪みの改善やリラクゼーションにも役立ちます。

  1. 表情筋トレーニング
    表情筋トレーニングは、顔の筋肉を意識的に動かし筋力を強化することで顔の歪みを改善するエクササイズです。顔には約50個の筋肉があり、これらを均等に鍛えることで顔のバランスを整えることができます。笑顔を作る運動や、眉を上げる、目を大きく開けるなど、日常ではあまり使わない筋肉を意識的に動かすことがポイントです。また、口を大きく開けて「あ」「い」「う」「え」「お」と発音する動作も、表情筋全体を効果的に鍛えることができます。一日に数回、各エクササイズを数回ずつ実行します。筋肉が緊張したり疲れたりした感じがするまで繰り返し、徐々に回数を増やしていきます。
  2. 正しいマッサージと血流改善
    正しいマッサージは筋肉の緊張をほぐし、血流を改善する効果が期待できます。顔のマッサージはリンパの流れを促進し、むくみやくすみの解消にもつながります。『骨気マッサージミルク』等のすべりの良いマッサージ用化粧品を手に取り顔全体に優しく塗布します。その後、『顔ドック』で習得したマッサージ法やセルフ矯正をしてください。特に、目の下やこめかみ、首などはリンパが集中しているため、間違ったやり方では逆効果となる場合がありますので注意が必要です。目の疲れを解消するには、眉骨のセルフコルギです。

顔の歪み矯正は中高校生から – 歯科医院と提携の顔ドック

顔の歪みを改善する施術や治療法

『顔ドック』による施術

『顔ドック』とは、顔の非対称性や歪みを改善し、理想の小顔を目指す矯正施術です

『顔ドック』では韓国骨氣を日本に上陸させたコルギの第一人者である林 幸千代(Sachiyo Hayashi)による矯正と、個々の顔の特徴に合わせたセルフ矯正法の指導をします。

この独特な手技により顔のバランスを整えて小顔を目指します。お客様が自宅で行うセルフ矯正法の指導は、顔の特徴を細かく分析し一人ひとりに合った最適な方法を提供しています。
効果を長く保つために、自宅で簡単に行えるセルフ矯正法の指導が大変人気を得ています。

『顔ドック』で指導するセルフ矯正法は、わずか2分程度で完了し歪みのない小顔を維持するのに大変役立ちます。毎日続けることで長期的に整った小顔が期待できます。

さらに、『顔ドック』はエステティックや整体業界では初となる医療機関(歯科医院)と提携しています。

多くの人が顔の歪みを感じ、その原因として下顎骨のズレを疑い歯科医院を訪れています。顎変形症と診断され外科手術を勧められるケースも珍しくありません。

しかし、歯科医は口腔内の専門家であっても顔全体のバランスに関しては専門外であるため、顎変形症の診断が必ずしも最適な解決策を提供できるわけではありません。

そのため、顔の専門家と歯科医が共同で外科手術をせずに顔の歪みを改善するサービスを提供しています。

これにより、顔の歪みが本当に顎の問題に起因するのか、それとも他の非外科的な解決策が可能かを正確に診断することができるようになりました。

このような取り組みにより、『顔ドック』は顔の歪みを抱える人々にとって、不要な外科手術を避けつつ、最適な方法を提案する新たな希望となっています。

顔ドックとは

医療機関での治療

顔の歪みを改善するためには、医療機関で提供される治療法があります。

治療法には、歯並びの改善、外科手術、生活習慣の改善、小顔矯正、そして最新の美容医療技術といったものがあります。

  1. 歯列矯正
    歯列矯正は、歯並びや噛み合わせの問題を改善するために行われます。不正咬合は顔の歪みの原因となり得るため、歯並びを整えることで、あごへの負担を軽減し、顔の歪みを改善することが可能です。この治療は長期間を要することが多いですが、顔のバランスを整える効果が期待できます。しかし、歯列矯正をしても顔の歪みが治らない場合が多々あります。『顔ドック』では、歯科医院と提携し、顔の歪みを専門的に診断し、歯列矯正や外科手術をせずに改善を目指す新たなアプローチに取り組んでいます。
  2. 外科手術
    重度の顔の歪みや骨格の問題に対しては、外科手術が効果的な場合があります。しかし、「外科手術後、ほとんど歪みが改善されない」「外科手術から数年経過後、また歪んでしまった」等で『顔ドック』にご来店される方も多いのが現実です。それも含めて『顔ドック』では顔診断にて最善策をご提案します。
  3. 生活習慣や癖を見直す
    日常生活の中での悪い姿勢や癖は顔の歪みを引き起こす原因となり得ます。専門家の指導のもと、これらの習慣を見直し改善することで、顔の歪みを防ぎ、既存の歪みを悪化させないようにすることが重要です。
  4. 小顔矯正
    小顔矯正は、顔の筋肉や骨格に対するマッサージや矯正施術を通じて顔の形状を整える施術法です。この方法は顔の筋肉の緊張を和らげ、リンパの流れを改善することで顔の歪みの改善にも役立ちます。
  5. 美容医療
    近年の美容医療では、メスを使わない治療法が多く開発されています。ヒアルロン酸注入やボトックス注射、糸リフトなどは顔の左右差を少なくし、よりバランスの取れた顔立ちを作ることが目的ですが、効果の出にくい方や一生涯やり続けなければならない経済的負担、また副作用等も問題視されています。

顔の歪みは病院の何科で治す? | 歯科医院と提携の顔ドック

新しい技術と治療法

顔の歪みを改善するための新しい技術と治療法には、次のようなものがあります。

  1. 注入治療
    脂肪注入やヒアルロン酸注入などの治療は顔の凹凸や歪みを調整し、より均等な輪郭を作り出すために利用されています。これにより、顔のバランスが改善されるとともに若々しい印象を一時的に得ることができます。但し、それを維持するためには継続的に行う必要があるため経済的負担と注入し過ぎによる顔の違和感も考えておく必要があります。
  2. サーマクールなどの高周波治療
    高周波エネルギーを利用して肌を引き締め、リフトアップする治療です。この方法は、メスを使わずに肌のたるみを改善し、顔の輪郭を整える効果が一時的にあります。但し、それを維持するためには継続的に行う必要があるため経済的負担も考えておく必要があります。
  3. HIFU (高密度焦点式超音波治療)
    超音波のエネルギーを利用して、肌の深層部に熱を加え、コラーゲンの生成を促進することで、肌を引き締める治療です。これにより、顔のリフトアップやたるみの改善が期待できますが、結果には個人差がある事とそれを維持するためには継続的に行う必要があるため経済的負担も考えておく必要があります。
  4. スレッドリフト
    特殊な糸を皮下に挿入し、肌を内側から引き上げる治療法です。切らないリフトアップ手術とも呼ばれ、加齢によるたるみや顔の歪みを改善することが可能ですが、痛みや腫れなどダウンタイムがある方がほとんどです。また、一生涯維持できるわけではありませんので経済的負担も考えておく必要があります。

顔の歪みでよくある質問

顔の歪みに関するお客様からのよくある質問に対するQ&A形式の解説を以下に挙げてみました。

Q.顔の歪みは自然に治ることはありますか?

A: 顔の歪みは、その原因によって異なります。成長過程での一時的な歪みや軽度のものは、時間と共に自然に改善されることがあります。しかし、長期間にわたる悪い姿勢や生活習慣が原因の場合は、自然には治りにくいため、適切な対策や治療が必要です。

Q.顔の歪みをチェックする最も簡単な方法は何ですか?

A: 顔の歪みを自宅で簡単にチェックする方法の一つに、正面から鏡を見て顔の両側が対称かどうかを確認する方法があります。また、携帯電話で自分の顔を写真に撮り、顔の左右のバランスを確認するのも一つの方法です。ただし、正確な診断は専門家によるものが必要です。『顔ドック』は顔診断後、お客様ごとに異なる各々の顔に合わせたカスタマイズされた矯正施術法を行います。

Q. 顔の歪みに効果的なエクササイズはありますか?

A: はい、『顔ドック』では専門家による顔の歪みを改善するためのセルフ矯正法を指導しています。YouTubeや雑誌等の読み手の一方的な理解による間違ったマッサージは、たるみや現状悪化を引き起こす場合もあるため勧めません。『顔ドック』の専門家によるセルフ矯正法は、顔の筋肉を均等に鍛え、リラックスさせることで顔の歪みを改善するのに役立ちます。例えば、顔の筋肉を意識して歪みの根本原因である筋肉の強張りを丁寧にほぐし、歪みの最たる箇所である「あご周り」の筋肉を伸ばす動きなどにより、左右非対称な骨格を左右対称に近づけることも期待できます。

Q. 顔の歪みを改善するためにはどのくらいの期間が必要ですか?

A: 顔の歪みを改善する期間は、その原因や歪みの程度によって大きく異なります。『顔ドック』内での専門家による歪み改善矯正とお客様がご自宅で行うセルフ矯正を行っても顕著な変化が見られるまでには数ヶ月かかることが普通です。メスや異物注入をしない手技だけで丁寧に自然や美しい顔に仕上がるには時間がかかりますが、開始から3ヶ月後には変化を感じられる方がほとんどです。

Q. 顔の歪みは健康にどのような影響を与える可能性がありますか?

A: 顔の歪みは、見た目の問題だけでなく、健康にも影響を与えることがあります。たとえば、咬み合わせの問題が引き起こされることで、頭痛や肩こり、首の痛みなどの原因となることがあります。また、顔の歪みが自己意識やストレスの原因となり、心理的な健康にも影響を及ぼすことがあります。

顔の歪みと顎変形症の違い

まとめ

この記事では、『顔の歪み』に焦点を当て、その原因、日常生活でのチェック方法、予防・改善策、さらには医療機関での専門的な治療について幅広く解説しました。

顔の歪みは、見た目の印象だけでなく、健康や心理的なウェルビーイングにも影響を及ぼすことが理解できます。

顔の歪みに対処する方法は、生活習慣の見直し、表情筋トレーニング、適切なマッサージといった日常生活で取り組める改善策から、専門家による手技矯正、歯列矯正、外科手術、さらには最新の美容医療技術による治療まで多岐にわたります。

これらの方法を適切に選択することで、顔の歪みを改善し自信を持って生活することが可能になります。

顔の歪みの改善は、美しさを追求することだけでなく健康的な生活を送るための第一歩です。顔のバランスを整えることは自己受容と自信の向上、ストレスの軽減、さらには人とのコミュニケーションの質を高めることにもつながります。

最後に、顔の歪みに関して気になる点がある場合は、専門家の診断を受けることをおすすめします。適切なアドバイスと治療は顔の歪みの問題を根本から解決し、より健康で満足のいく生活を送るための鍵となるからです。

顔の歪みは手技矯正でも改善できます。
『顔ドック』には顎変形症と診断され、外科手術後に「外科手術をしたけれど歪みがほとんど治っていない」「手術をしたけれど、また歪んできました…」とご来店されるお客様が多数いらっしゃいます。

外科手術の前に「本当に外科手術が最善なのか?」「外科手術で本当に左右対称顔になれるのか?」を担当医師によく確認してください。

外科手術をせずに『顔ドック』の手技だけで歪みが大きく改善できたお客様も多数いらっしゃいます。

顎変形症の外科手術で顔の歪みは改善する?手術で後悔する理由と顔の歪みを改善する方法

『顔ドック』は医療機関である歯科医院と提携し、歯科医師等が顔の歪みを治すための手技矯正法として推奨しています。

顔ドック予約

 

監修者:『顔ドック』創業者 林 幸千代

顔の歪み
最新情報をチェックしよう!
>顔ドック

顔ドック

顔の歪みは改善されます。
大きな顔を小顔化することも可能です。

19年間のべ8万名様への矯正実績から医療機関とも提携している林幸千代の顔ドックは施術を行うだけではなく顔の歪み矯正や小顔マッサージ法も指導します。
何故ならば、矯正は毎日行うことが最も効果的だからです。