• 2024年3月31日
  • 2024年4月4日

顎変形症の外科手術で顔の歪みは改善する?手術で後悔する理由と顔の歪みを改善する方法

顔の歪みを感じることは、多くの人にとって深刻な悩みの一つです。 特に顎変形症による顔の歪みは、見た目だけでなく、噛み合わせや発音の問題にも影響を及ぼすことがあります。 そのため、顎変形症の診断を受けた多くの方が外科手術を選択されます。 しかし、手術後 […]

  • 2024年3月21日
  • 2024年4月11日

顔の歪みを治すには?原因や生活習慣、改善方法・治療法を徹底解説

『顔の歪み』は多くの人が抱えている問題です。 顔の歪みは単なる見た目の問題に留まらず、健康や日常生活における自信にも大きく関わっています。そのため、顔の歪みについて、その原因からチェック方法、改善策に至るまで理解しておくことが大切です。 ※『顔ドック […]

  • 2024年2月11日
  • 2024年2月19日

老け顔 – 実年齢より老けて見られる人へ改善策も指導する『顔ドック』

老け顔とは実年齢より年上に見えることですが、その根本原因は骨の老化です。老け顔はほうれい線等のたるみやシワに代表されますが、それは老け顔の症状に過ぎません。また、顔の大きさや顔型、歪みからも老け顔を印象付ける場合があります。さらに、栄養失調や喫煙、ま […]

  • 2023年12月8日
  • 2023年12月18日

歯ぎしりで顔は大きくなります | 歯科医院と提携する顔専門矯正サロン 顔ドック

歯ぎしりは、睡眠中に強い力で歯と歯をこすり合わせることですが、無意識下で起こる行為のため止めることが難しく、歯が欠けたり割れたりするだけではなく喰いしばる力で咬筋が異常に発達するため、顔が歪んだりエラが張って顔が大きくなります。 つまり、歯ぎしりで顔 […]

  • 2023年11月5日
  • 2024年1月24日

歯科で顔ドック | 手技矯正で歪みを改善する顔ドック

顔ドックとは 顔ドックの「 ドック 」 とは、人間ドック同様に、船の点検修理などを行う施設「 dock 」に由来します。つまり、「顔ドック」とは、顔も定期的にチェック(点検) をすることで、歪みや老化の進行を早めに対策(修理)することを目的としたサー […]

  • 2023年11月3日
  • 2023年11月5日

第1回「歯科で顔ドック」歯科医師等に指導

『顔ドック』創業者である林 幸千代(Sachiyo Hayashi)が考案した顔の歪みを改善する矯正法を歯科医院内でも取り入れたいと東京や大阪の歯科医師等から要望があり、歯科医師等に第1回目の研修を行いました。 顔の歪みや顎の歪みを気にされる方は、ま […]

  • 2023年10月18日
  • 2023年11月2日

噛み合わせを治しても顎の歪みが治りません | 歯科と提携の顔ドック

「歯科医院で噛み合わせを治してもらいましたが顎の歪みは変わりません」とご来店されるお客様が多いです。 顎の歪みは、噛み合わせ、つまり歯列や歯の高低差を調整するだけでは変わりません。その理由は、顎の歪みは「歯」そのものではなく、顎の骨である「下顎骨」に […]

  • 2023年10月1日
  • 2024年4月15日

提携医療機関発行の紹介状をご持参ください。

エステティックや整体業界では日本初となりますが、2023年10月以降、『顔ドック』林 幸千代の新規予約申込みには提携医療機関発行の紹介状が必要となります。 <提携医療機関> 【東京】 ・ルネス青山デンタルクリニック ・林歯科医院 【大阪】 […]

  • 2023年3月31日
  • 2023年4月3日

おじさん顔を女顔に治したい – 顔矯正専門の顔ドック

男顔やおじさん顔の女性は、柔らかい女顔に憧れます。 『男顔』は単に顔の特徴ですが、『おじさん顔』は老け顔の特徴なので、特に『おじさん顔』の女性は改善するべき顔の状態です。 男顔の特徴 男顔の特徴はこちらです。 顔が大きい エラが張って四角い顔型 目や […]

  • 2022年11月9日
  • 2023年4月5日

顎変形(顎のズレ)を治したい – 歯科医院と提携の顔ドック

顎のズレを治したくて、顎変形症(がくへんけいしょう)の外科手術をするかしないか悩んでいます。 できれば、手術はやりたくありません。 『顔ドック』には、病院で医師から顎変形症の手術を勧められたが手術をやめてご来店されるお客様と、顎変形症手術から数年経過 […]

>顔ドック

顔ドック

顔の歪みは改善されます。
大きな顔を小顔化することも可能です。

19年間のべ8万名様への矯正実績から医療機関とも提携している林幸千代の顔ドックは施術を行うだけではなく顔の歪み矯正や小顔マッサージ法も指導します。
何故ならば、矯正は毎日行うことが最も効果的だからです。