顔の歪みを気にされるお客様が『顔ドック』を訪れその多くが改善されますが、手技では難しい症状があります。それは顎変形症です。顎の骨は、上あご(上顎骨)、下あご(下顎骨)、頬骨で形作られていますが、顎変形症は、顎の骨の形や異常な大きさ、また本来あるべき場所に無いアンバランスの崩れで起こります。しかし、歯科や病院で「外科手術が必要」と診断されても、林幸千代による矯正で改善される場合が多々あります。顔の歪みでお悩みの方は諦めないで是非一度いらしてください。