頭蓋骨は15種23個の骨で構成され縫合されていますが、頭の部分は脳頭蓋、顔の部分は顔面頭蓋と言います。頭蓋骨の大きさは生まれた時に既に大小1割程度の違いがあります。また、徐々に脳の中身が出来上がるため赤ちゃんの時は頭蓋骨の縫合部分も緩くでき、うつ伏せやあおむけ等の育て方の違いやその後の生活習慣により頭蓋骨の形状や大きさが変わってきます。