「歯科医院複数で外科手術が必要だと言われたけれど、林先生の矯正で治るならば是非予約をしたいです」とお問合せフォームから始まったK様。

初めてお目にかかった時は、「顎偏位で左に歯1本分ズレている」と診断されたと言う通り、かなり歪んでいる印象でした。しかし、この程度ならばK様が気になら無くなる程度には改善されるだろうと思いその旨お伝えしました。その理由はK様以上に顔の歪みがひどいお客様を何名も治しているからです。『この程度の歪みは大したこと無い。外科手術なんてもっての外』だと感じました。

現在、矯正2回目を終えたところですが、早くもK様もK様のお母様も「歪みが目立たなくなり、本当に本当にびっくりしています!」と非常に喜ばれています。

顔が歪んでしまう原因として主にこのような事があげられます。
1.いつも同じ方の歯で噛む
2.同じ方の手でよく頬づえをつく
3.寝る時、同じ方を下にして寝る
4.歯を噛みしめる癖がある

しかし、上記は多くの方の生活習慣です。つまり、この癖があっても歪まない方もいます。

基本的に、顔の歪みは筋肉の強張りで起こります。K様のように複数の歯科で外科手術をするように勧められたお客様も手技だけで見違えるほど改善しています。残念ですが医者は筋肉の強張りをほぐすプロフェッショナルではありません。

毎日、顔の歪みについてのお問合せを頂きます。
そのほとんどが複数件の歯科医院で「顎変形症」もしくは「うちでは治せない」と言われ大学病院や口腔外科を紹介されたというものです。

歯科で診療確かに、顎変形症や骨の過成長の病気は存在します。しかし、本当に骨の病気なのか、それとも単に顔が歪んでいるだけなのか、その判断は歯科医院では出来ないのが普通です。なぜなら歯科医は口内の専門家で顔の専門家ではありません。

しかし、下顎骨つまり顎回りの歪みが気になる方は歯科医院を訪れる方がほとんどなので、診断の結果「外科手術はイヤだなぁ…」と悩み顔が歪んだまま何年も現状維持の方が多いのです。

顔の歪みは改善されます。毎日頭から離れず、鏡を見なくともストレスの原因になっている【顔の歪み】がそれほど気にならない程度には改善される方がほとんどです。

長年かけて作られてしまった顔の歪みを改善するには日々のセルフ矯正の効果が非常に大きいです。『顔ドック』ではお客様の顔に合わせたセルフ矯正法を指導しています。施術に来られない時間、つまり毎日ご自宅で行っていただく1分セルフ矯正法がとても大きな変化をもたらせます。

セルフ矯正法のご紹介

YouYube『顔ドック』20190711

『顔ドック』はまず最初にお客様の顔のお悩みを詳しくお聞きします。
「どこまで治したいか」「どの程度改善したいか」等、お客様からヒアリングした上で矯正可否や施術頻度などをアドバイスいたします。のべ5万人の顔を管理した顔の専門家ならではのアドバイスです。

また、コルギの第一人者である林 幸千代は顎回りのひどい顔の歪みをどこでどのように改善したら良いかわからない方のために、コルギ施術者として日本で初めて医療機関である歯科医院と提携し、歯科医と林幸千代の二名で診察するサービスを開始しました。「歯科で顔ドック」はルネス青山デンタルクリニックで行っております。

歯科で顔ドック

また、顔の歪みを『顔ドック』で診断した上で歯科医をご紹介することも可能です。顔の歪みについては現在の顔の状況、歪み具合を確認する必要があります。実際の顔を拝見しなければ正確な事を申し上げることはできませんがお問合せはいつでも受付けておりますのでお気軽にご相談ください。→

『顔ドック』
顔ドック予約