顎変形症が治った

顔の歪みや顎変形もその多くは改善します

歯科医院で「顎変形症と診断され外科手術を勧められたけれど外科手術はしたくない!」と『顔ドック』にご来店されるお客様やお問い合わせが多いです。

顎変形症と診断されても、その多くは改善されます。
その理由は、顎変形症と診断されても多くの場合が下顎骨の形状や大きさ等の骨の異常ではなく、生活習慣や筋肉の強張りが起因した 顔の歪み だからです。

顎変形?or 顔の歪み?

「骨の変形」と「顔の変形」は意味が異なります。

顎の位置が顔の正中にないため「顔が変形して見える」だけの場合は顔の歪みを治せば改善されます。

顔が変形して見えるために歯科医師から顎変形症と診断される場合がありますが、多くの場合は顔の歪みです。歯科医は口腔内の専門家ですが、口腔外、つまり顔の専門家ではありません。

顔の歪みは、スキルの高い矯正力と日々の正しいセルフ矯正で大きく改善されます。顎変形症と診断されても外科手術をせずに、見た目はもちろんのこと、日々のストレスから解放されるお客様は多いです。

顎変形症の手術から10年後

 

※上画像は、「顎変形症」と診断され10年前に顎変形症の外科手術をされたお客様です。10年経過後、また歪み始めたけれど「もう二度と外科手術はしたくない」と『顔ドック』へご来店されました。お客様が仰る通り、左右非対称が目立ちます。

※下画像は、林 幸千代による矯正施術とセルフ矯正法だけで顔の歪みが改善された現在のお顔です。現在、メンテナンスコース中ですが、小顔矯正も同時に行うため歪みの改善と共に小顔化され「外科手術をしなくて本当に良かった!」と大変喜ばれております。

顔の歪みが治った

顎変形症の外科手術は壮絶

顎変形症の手術には歯列矯正を伴うことが一般的ですが、手術前の歯列矯正に1~2年、その後の手術では下顎骨を切り人工的に骨折を起こさせて下顎骨を正しい位置へ移動させることに最低1年です。

顎変形症の手術は長期戦のかなり大がかりな外科手術です。しかし、その大がかりな顎変形症手術をしても数年経過すると、また歪む場合が少なくありません。

『顔ドック』では多くの方が顔の歪みを改善されています。また、他サロンとの大きな違いは、改善された顔の歪みをお客様自身で維持管理する方法を指導することです。

歪みの矯正

歪みが治ってもそれを維持管理をしなければ、また元に戻ります。何故ならば、骨は破骨細胞と骨芽細胞が24時間365日活動を続けているからです。

矯正とは習慣化 です。毎日行うことが非常に重要です。そのためには、林 幸千代の矯正施術で顔の歪みが治った後は、お客様自身で生涯維持管理ができるようにセルフ矯正法を指導しています。もちろん、指導料は施術代金に含まれています。

矯正とはクセをつけることです。つまり、毎日行うことが最も効果的です。林 幸千代が考案したセルフ矯正は一日わずか1分でOKです。

『顔ドック』予約はこちら

 

顎変形症が治った
最新情報をチェックしよう!
>顔ドック

顔ドック

顔の歪みは改善されます。
大きな顔を小顔化することも可能です。

のべ5万人様への矯正実績から医療機関とも提携している林幸千代の顔ドックは、施術を行うだけではなく、顔の歪み矯正や小顔マッサージ法も指導します。
何故ならば、矯正は毎日行うことが最も効果的だからです。